logo.png

牛乳パワー

食べ物を食べたときに、体の中にどれだけその成分を取り込むことができるか数字で示したものを、吸収率といいます。小魚・緑黄色野菜・牛乳の中で最もカルシウムの吸収率が高いのは牛乳なのです。これは乳糖やカゼインと言う良質のたんぱく質が含まれていて、腸内でよく吸収できるように手助けをするからです。また牛乳、乳製品は、成長期にしっかりと摂取するとあまり摂取しなかった人たちよりも身長が伸びると言われていることや、食事にプラスして飲料してもコレステロール値は上がらず、さらに体重特に体脂肪を減少させる、ごはんと一緒に摂ると血糖値が上がりにくかった、などの研究結果が発表されており、ダイエットや美容の効果などについても注目を集めています。

牛乳でカルシウム

補給健康を維持するためにはいろいろな食品をバランスよく摂ることが大切です。牛乳にはカルシウムやたんぱく質、ビタミンなどの栄養素が多く含まれています。特に牛乳に含まれているカルシウムは小魚や海藻などのカルシウムに比べ、消化吸収率が高いのでカルシウム不足の日本人にはぴったりの飲料といえます。牛乳の消費量を国別にみると欧米の国々が1日平均1人あたり500ccであるのに対し、日本では100ccと約1/5にすぎません。牛乳は成長期の栄養としてだけでなく老化の予防にも良いことが分かっています。

牛乳で賢くダイエット

肥満の原因のほとんどは食べ過ぎや運動不足といった食習慣と日常生活にあります。間違った食事を続けることによって栄養のバランスを崩し、栄養失調や過食症にもなります。牛乳中に他の栄養素とバランスよく含まれる乳脂肪は代謝率が高く脂溶性のビタミンも多く含み、ダイエット中の栄養補給に最適な食品といえます。


contents.png

knowledge_side01.pngknowledge_side01.png
knowledge_side02.pngknowledge_side02.png
knowledge_side03.pngknowledge_side03.png

pickup_bar.png

koujyou_image01.png

mamechishiki_image01.png